トコロ建業 設計・基礎・建築まで完全自社施工の匠の技 お問い合わせ・無料ご相談 0470-87-4628

2011年3月 のアーカイブ

被災地にいるいとこ

2011年3月17日 木曜日

 先日もUPさせていただきましたが、

私のいとこは被災地(岩手県宮古市)にいます。

無事の知らせが3月13日の夜にはいりました。

いとこは津波が引いてからは、流された車をさがして

車中に入っていた貴重品を持って帰ってきたそうです。

仕事の転勤で向こうに行っていたために住民票を移しておらず、

身分証明書があってもお金を銀行から引き出せずにいますが

幸い手持ち金がそこそこあったので食料を買うことができたそうです。

同じように被災した山田町在住の友人のなかには乳幼児のミルクに困っている人がいます。

自宅は無事のようですが、食料とミルクに困っているらしく

いとこは10キロのお米とミルクを買って、

車が無事だった友人と届けにいったそうです。

車が入れない所から先10キロほどは荷物を背負って歩いたと・・・

被災者が被災者を助けています。

避難所にようやく食料が運ばれてきていますが、自宅におられる被災者の方々まで

到達できていないのが現状です。

 首都圏もガソリン不足でみんなが不安の状態ですが、

買占めに走っては逆効果です。

会見を見るたびに歯がゆさを覚えますが、批判をしていても始まりません。

情報を自分たちでよく考え落ちついて行動するのが

今の私達に求められていることだと思います。

 新聞やテレビでも被災地の情報が沢山流れていますが、

いとこから聞いた被災地の現状をお伝えしたく、UPさせていただきました。

お願いです

2011年3月15日 火曜日

 この度の東北地方沖地震により被害を受けられました皆様にお見舞いもうしあげます。

また一日も早く復旧されることをお祈り申し上げます。

 今回の地震で千葉県内でもスタンドには長蛇の列、

そしてスーパーやホームセンターでは食料や物資の買い込みにと混乱しています。

どうか、みなさん落ち着いてください。

私の友達は非難生活を送る家族がいる茨城までいきました。

避難所生活はとても深刻です。

7時間も給水車に並びます。

手が不自由なおばあちゃんが小さなバケツと炊飯器の釜をもって並んでいたそうです。

彼女はそのおばあちゃんの給水を手伝い、千葉から持っていった残りわずかな食料をわけてあげたそうです。車が流されたりガソリンがないために、お金を持っていても買出しにでることも出来ない方々がいらっしゃいます。

私たちは計画停電はありますが、とても幸せな状況です。

一人一人が落ち着いて冷静な行動を取り、食料や物資がまず被災地に届くようにしたいものです。

また計画停電の地域に被災地も含まれています。節電を徹底し、これ以上被災地の方々が困らないようにしたいものです。

ここにいても、ここからでもできる支援があるはずです。

みんなで共にこの厳しい現状を乗り越えていけるようにと願います。

花粉症

2011年3月1日 火曜日

 先日、気象庁が「春一番が吹いた」と発表がありましたが、

我が家にもその影響がきてしまいました。。。

朝起きたら、末っ子の下まぶたが腫れ、外に出るとくしゃみを連発。

目は赤く充血!!!

もしやと思い眼科へ行ってみると・・・

「花粉症ですね・・・」

3歳で花粉症かぁ~~。。。

「目を擦らないように」といわれましたが、そんなことは出来ない。

とにかく、花粉が家の中に少しでも進入してこないようにしなくては。

それと「ビフィズス菌入りのヨーグルト」と

天然の「ラフィーノスが入ったオリゴ糖」がいいと聞いたので

試してみようと思います。

何の花粉かはアレルギー検査をしていないため分かりませんが、

近々、血液検査に行こうとも思っています。。。

花粉症にお悩みの方は沢山いらっしゃると思いますが、

今年は例年の5倍と言われるくらいヒドイ量が飛ぶみたいです。

しばらく大変だとは思いますが、頑張って乗り切っていきましょう!